抗がん剤治療をすると様々な副作用が起こります

看護師

抗がん剤治療をするとアレルギーが起きやすくなる

どんな抗がん剤でも、アレルギー症状が起きてしまいます。また、抗がん剤によってアレルギーの症状は違うので把握しておきましょう。

抗がん剤の副作用

毛髪の細胞がダメージを受け脱毛が起きる

抗がん剤の副作用で知られているのが脱毛です。これは、抗がん剤によって毛髪を生成する細胞が破壊されることで起こります。

抗がん剤を投与する度に起きる倦怠感

倦怠感は、抗がん剤を投与する度に副作用としてでてきます。また、投与も回数を重ねるごとに倦怠感は蓄積されてしまうでしょう。

酸素不足になり副作用の症状にでやすい貧血

抗がん剤によって赤血球やヘモグロビンが減少してしまいます。そうなることで、血液の組織が酸素不足になり貧血の症状が現れます。

食道や胃の粘膜を損傷し吐き気が起きる

抗がん剤は、脳の嘔吐中枢や受容体を刺激します。そして、その刺激が食道や胃の粘膜に損傷を与えてしまい、吐き気を催すのです。しかし、抗がん剤の副作用に効果的な吐き気止めを服用することで、症状は軽減できるでしょう。

抗がん剤によって腸管が活発になり下痢になる

抗がん剤の副作用による下痢は、腸管の蠕動運動が活発になることで起こります。また、この他に腸管の粘膜にダメージを受けることで下痢になる場合もあります。

抗がん剤治療の副作用

ドクター

抗がん剤治療受ける日は食事を控える

抗がん剤治療に後は、吐き気が起きやすいので当日の食事は控えておくと良いでしょう。さらに、治療の前日は消化の良いものを食べておくと吐き気は軽減できます。

水分を多く摂って抗がん剤治療をする

抗がん剤治療をすると便秘になりやすくなります。ですから、水をたくさん取摂って便秘対策をする必要があるでしょう。

口内炎に対する対策をする

抗がん剤によって口内炎になる場合があります。その為、食事後には歯磨きやうがいをすることで口内炎を防げます。

感染症にならないようにしましょう

治療の時は、体が弱くなっているので感染症になる可能性が高くなります。感染症にならないように、清潔に保つようにしておきましょう。

遺伝子変異の抗原を標的にしたワクチン療法

ワクチン療法は、以前まで十分な効果が得られないと考えられていました。しかし、遺伝子変異の抗原を標的にしたことで治療効果が得られるようになっています。

広告募集中